交通事故による足の痛みで整形外科へ救急搬送

自転車での移動中、駐車場から出てきた車と衝突しました。警察に連絡し、現場に来ていただいたのですが、足が痛くて歩けない状態だったため、蒲生四丁目で話題の内科への受診をすすめられ、救急車を呼んで下さいました。生野で人気の病院に到着し、まず画像検査を行いました。骨への異常はないため、打撲だろうとの診断でした。歩くとき足が曲げれない状態だったのですが、ベッド上で関節の異常を確認するためか、医師が足を無理やり膝関節を動かしたので、痛みが強かったです。忙しい外来の中、救急でみて頂いているので急いでいたのかもしれないですが、他に方法はなかったのかなと感じました。その日は湿布のみが処方されました。また、救急で搬送されたため、保険適応にならず、全額自己負担で診察料が高額でした。急に伊丹で人気の病院に行ったので、費用が足りずに再度病院へ足を運ぶこととなり大変でした。今回は警察が救急車をよんでくださったのですが、けがをした際、緊急性がなければ、自分で病院に行った方が保険適応にもなるので良いと感じました。
自宅から徒歩3分程度の場所に比較的新しい内科があります。

わたし自身、子どものときから成人してからも内科を受診した経験がほとんどありませんでした。
理由は母親が看護師で、自宅に処方薬が常備されていたためです。

子どもができて母親になると、小児科に通うことが多くなり、子どもから風邪をもらうことも増えたため内科を受診するようになりました。

病院は行くのが億劫なもの、という印象があります。
待ち時間も長く、他の病気をもらってしまう可能性もあるからです。

ですが、この近所の内科を利用するようになってから病院に行くのが嫌ではなくなりました。

まず第一に、自宅から近くて便利だということです。
そして、こちらの先生がとてもあたりが柔らかく穏やかな人柄だということが何よりの理由です。

これまで風邪やインフルエンザ以外に膀胱炎や胃痛でもお世話になっています。
胃痛のときははじめて胃カメラを行いましたが、看護師の方もとても優しく不安を取り除いてくれたので感謝しています。

いまでは中学生の娘だけでなく、まだ小児科の範疇かもしれない小学5年生の息子もこちらにお世話になっています。
かかりつけ医があることはとても安心です。

アフィリエイト相互リンク
|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん
|心の童話|JALカード
|お家の見直ししま専科
|女性の人生|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|生命保険の選び方
|マッサージのリアル口コミ.com
|家計見直しクラブ|内職 アルバイト
|健康マニアによる無病ライフ
|GetMoney|英語上達の秘訣
|童話

|