大きな病院は凄い

この間、初めて大阪城東区の皮膚科を探して大きな総合病院に行きました。病床数800近く、診療科も沢山あります。
脳卒中のリハビリで利用できる社会福祉制度とはその時私が行ったのは内分泌科なのですが、大阪府下での人工透析のことなら内科や外科とは違って結構特殊です。内分泌といっても、糖尿病などとは違い、甲状腺のホルモンの病気です。そういう専門クリニックは多くないので、私は大きな総合病院に行きました。
さすがマンモス病院だけあって、受付がまずとても広いです。待合場所もとても広く、受診するまで30分以上かかりました。その代り、兵庫の県下で訪問の事を受付で渡され、順番が近くなると呼び出しがかかるシステムです。そこの病院は初めて行きましたが、同じ内分泌でも医師が10人以上いるようで、診察室も沢山ありました。
始めてみてくれたのは一番透析で評判の女医さんでしたが、すごく丁寧に話を聞いてくれました。元々やせ形なのですが、最近動悸がすごくて、近くのクリニックに行ったら、内分泌を進められたのです。
結果、行ってみてよかったです。いろいろと検査をして、今回病気が判明し、薬を飲みだして落ち着いたのです。ちゃんとした診療で診察してもらい本当に良かったです。