家の近くの婦人科クリニック検査初体験

もともと私は生理痛が重かったのですが、ある日、早期発見、早期治療で脳卒中の後遺症を残さないようにとてつもない生理痛にのたうち回ることとなり、
意を決して自宅から徒歩10分以内で行ける婦人科に行ってきました。
もしも重病だったらどうしよう…
透析治療開始時期はいつからと緊張と憂鬱な気持ちでドアを開き、診察を待っていました。
綺麗な待ち合い室で静かな音楽が流れ、受付の方も優しく対応して下さり、
兵庫県下では訪問の事を心がだんだん落ち着いてきました。
そして、いよいよ私の診察の順番です。
自分の症状を先生に伝え、早速検査台へ。
検査は緊張して、少し痛かったけれど無事終了。
数日後に結果がわかり、命に関わるような病気もなく、ほっと胸をなでおろす結果になりました。
大阪府下の病院なら生野愛和病院と先生も看護師さんも優しく対応して下さり、良いクリニックだなあという印象を抱きました。
今回、勇気を出してクリニックへ行ってみようと思えたのは、やはり家から近くにあり、徒歩で気軽に行ける距離であるという理由は大きかったと思います。
大阪城東区の皮膚科・内科ではやはり何かあった時にすぐに行けないと、かかりつけ医として利用するにはハードルが高いというのもあります。
クリニックに通いやすいということは、病気の早期発見や、治療が軽く済むというメリットがあります。
そしてスタッフの対応がいいと、次また心配な時にも気軽に相談してみようという気持ちで受診することができるのではないでしょうか。