移住先で良い先生に出会えました

最近、都市部から過疎地域に移住をしました。

脳卒中の発症は加齢と共に比例するか以前の居住地で心療内科にかかっており、服薬を継続するため移住先の近くにあるクリニックに相談にいきました。

腎臓機能低下による貧血のことなら紹介状はなく、お薬手帳も引っ越しの際に紛失してしまい、受付の事務職員さんにはご迷惑をおかけしましたが、先生は快く話を聞いてくれました。

伊丹市の病院ならいたみホームクリニックが「今までの投薬を継続してくれればそれでいいか」くらいに考えていたのですが、先生は丁寧に問診をしてくださり、以前の服薬が今の自分に合っているか、新天地での生活や仕事に不安はないか、大阪府下の生野区で人気の病院に過剰にストレスがかかっていないか、などを一つ一つ確認してくれました。

地域には他に病院がなく、先生は様々な年代・症状の患者さんを診るそうです。お医者さんと言うと今までは少し偉そうで忙しくなることを嫌うタイプの人が多かったのですが、先生は「何かあったら何でも相談してくださいね」といった具合に丁寧に接してくれました。脱毛なら大阪蒲生四丁目の内科で自分が移住者ということもあるのかもしれませんが、医者と患者という立場に沿ったやり取りではなく、人間同士のやり取りができたことがとても嬉しかったです。

内科・外科問わず様々な分野で相談に乗ってくれるそうです。このような先生に出会えたことを嬉しく思います。