私が過去にアデノウイルスに感染した時の耳鼻咽頭科での対応について

私自身が風邪の強いウイルスであるアデノウイルスに感染して最寄りの脱毛なら大阪蒲生四丁目の内科で診察して頂いた時の話しについて

私は、子供二人が年子であり、それぞれが幼稚園に入園しました際に、子供から非常に強力な風邪のウイルスである、アデノウイルスと言う大阪府下の平野区では評判の透析病院と非常に強力である感染性の強い風邪のウイルスの一種に感染してしまいました。掛かった時には、初めての経験であったのですが、朝目を覚まして目を開けようとした時に大量の目やにで目が開かないのです。必死に力を入れてやっと目が兵庫の県下で一番訪問している開けられると言ったような状況でした。更に毎回大量にメヤニが出て目が開けにくいのと平行して高熱と下痢やしつこい喉の奥から来る咳に耐えられず目が充血している状態で、最寄りの耳鼻咽頭科で受診させて頂くことにしました。最寄りの耳鼻科では、どのような症状かタバコと腎臓機能の関係性についてアンケートを記入するのですが、自分が何のウイルスに感染したか分からなかったので、強い悪質な風邪と記入して、担当の先生に呼ばれて、部屋に入った際に、症状を聞かれて、目が強く充血していることや常に片目が目やにで開けれない程の大量の目やにが出て高熱と下痢やしつこい咳で悩まされていることを伝えました。すると担当の先生は、脳卒中の症状と治療法のポイントを詳しく知りたいなら回りの助手達に向けて「アデノ!!」と強く叫んで臨戦体制のような状況になり、全員がゴム手袋と強力なマスクを装着して離れ気味に対応してきました。かなり、強い風邪菌なんだと自覚しながらも対応して頂いた先生には感謝しております。そのあと、処方箋を施して頂き、咳は半年程続きましたが、なんとか完治できました。